冷凍弁当の口コミと特徴

ダイエットにおすすめカロリー制限に特化したヘルシー冷凍弁当ランキング

ダイエットやカロリー制限に特化したヘルシー冷凍弁当ランキング

ダイエットしたいけど、カロリーや糖質量を計算したり自炊するのは面倒ですよね。

そんな時に便利なのが宅配冷凍弁当サービス。

冷凍弁当は、ネットで購入でき、カロリーや糖質・塩分を制限した栄養バランスの取れた健康的な食事を摂ることができます。

あい
ヘルシーな冷凍弁当は、ナッシュウェルネスダイニングなどが有名ですね。

送料無料サービスやセット価格だと割安になったりするので便利。

この記事では、その中でもダイエットにおすすめな口コミ評価の高い冷凍弁当をご紹介します。

 

冷凍弁当はなぜダイエットに向いているの?

冷凍弁当はなぜダイエットに向いているの?

冷凍弁当は、糖質やカロリーを制限して、管理栄養士が監修した栄養バランスの取れた食事を摂ることができるので、ダイエットにピッタリです。

また、温めるだけですぐ食べられるので、忙しくて自炊ができない人、外食ばかりになってしまう人も気軽に始めることができます。

それから、ダイエットしていると食事を我慢しなくてはいけなかったり、同じものばかりになってしまうことが多いと思いですよね。

そんな時、冷凍弁当は種類豊富なメニューが揃っているので、ストレスを感じることなく、ダイエットに取り組めるでしょう。

ダイエットするためには1食500キロカロリー!

ダイエットするためには1食500キロカロリー!

ダイエット中のカロリー計算は面倒だし、結局どのくらい抑えたらいいのかわからないですよね。

痩せるには、消費カロリー>摂取カロリーとなるように、食事をコントロールする必要があります。

日本人の平均摂取カロリーは、一日1800~2100kcal(1食あたり600~700kcal)、体脂肪1㎏減らすには7200kcal消費しなければなりません。

1食500kcalに抑えることができれば、1日300~600kcal減らすことができるので、大体1ヵ月に1㎏痩せることができる計算になります。参考:日本人の食事摂取基準(2020 年版)

冷凍弁当は、1食あたり500kcalなので面倒な計算もいらず、気軽にダイエットに取り組めるでしょう。

 

ダイエット食に特化している冷凍弁当

冷凍弁当は、温めるだけですぐに食べられて種類も豊富、糖質・塩分・カロリーなどを制限した魅力的なサービスだということがわかっていただけたでしょうか。

あい
ここからは、おいしく種類豊富で、糖質・塩分・カロリーなどを制限したおすすめの7つの冷凍弁当をご紹介していきます。

1位:高たんぱく低カロリーで一石二鳥|マッスルデリ

マッスルデリ

  • 高たんぱく、低カロリーなメニューが豊富
  • 白米ではなく玄米使用

マッスルデリは、高たんぱく、低カロリーなメニューが豊富なところが特徴です。

さらに、白米ではなく血糖値の上昇を緩やかにしてくれる玄米を使用しているので、炭水化物も食べながらダイエットしたい人にピッタリ。

減量・維持・増量の3つのプランがあり、それぞれの目的に合った食事が選べます。

価格はプランによって異なりますが、減量プランはお試し購入で5食セット¥4900(1食あたり¥980)、10食セット¥9400(1食あたり¥940)で購入可能。

減量プランは1食350kcal~450kcalなのに筋肉を作るのに重要なたんぱく質は30g以上入っているので、トレーニングをする人、筋肉をつけながら減量したい人におすすめです。

1食あたりの平均栄養素

  • 350~450kcal
  • たんぱく質30g以上
  • 脂質15g以下
  • 糖質35g以下

2位:糖質90%オフ|ナッシュ(nosh)

ナッシュ

  • すべてのメニューが糖質90%OFF
  • ナッシュ在籍の割烹料理の板前・イタリアン・フレンチのシェフが調理

ナッシュは、すべてのメニューが糖質90%OFFとなっており、塩分を抑えてタンパク質が取れる食事内容が特徴です。

さらに、管理栄養士がメニューを提案し、割烹料理の板前・イタリアン・フレンチのシェフが、調理を担当しているのでおいしさと栄養バランスにもこだわっています。

ダイエット・トレーニング・ロングライフ・バランスの4つのセットがあり、自分の目的に合った食事を選ぶことができるのです。

その中でも減量を考えている人は、低糖質なメニューのダイエットを選ぶといいでしょう。

価格は、10食セット¥5680(1食あたり¥568)で購入できます。

7月末までに初回注文で¥500OFF!!

ナッシュは、糖質を抑えられてシェフが調理しているので、糖質制限ダイエットをしたい人や、おいしさも譲れないという人におすすめです。

1食あたりの平均栄養素

  • 324kcal
  • 糖質9.4g
  • たんぱく質17g
  • 塩分1.9g

 

3位:医療専門チームが監修|メディミール

メディミール

  • 医療の専門チームが監修の制限食
  • 独自の自社工場で、手作りされている

メディミールは、看護師・理学療法士・言語聴覚士といった医療の現場で活躍している人たちが監修しているため、病院や介護の現場でも利用されているので、健康的に食事制限できるのが特徴です。

それから、自社工場にて、食品添加物などを使わず(調理の段階では)丁寧に手作りされているので、安心して食べることができるでしょう。

メディミールは、「カロリー制限」「たんぱく質&塩分制限」「塩分制限」の3つの制限食と「バランス健康食」のセットがあります。

中でもカロリー制限食は、216~264kcal、塩分2.5g以下となっているのでダイエットしたい人はこちらを選ぶといいでしょう。

価格は、7食¥4880(1食あたり¥698)、14食¥8980(1食あたり¥642)、21食¥12980(1食あたり¥619)で購入できます。

メディミールは、医療や介護の現場でも利用されているので、減量だけでなく糖尿病や高血圧などの食事制限をしなければならない人にもおすすめです。

1食あたりの平均栄養素

  • 216~264kcal 白米(150g)252kcal
  • 塩分2.5g以下

 

4位:制限食専門の冷凍弁当|ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニング
  • カロリー216~262kcalに抑えられて、糖質も制限できるコースがある
  • 管理栄養士に食生活の相談ができる

ウェルネスダイニングは、カロリー216~262kcalに抑え、糖質も15g以下の糖質制限気配り宅配食コースがあるのが特徴です。

他にもカロリー・塩分・たんぱく&塩分を控えたコースがあり、自分に合ったメニューを選ぶことができます。

また、ウェルネスダイニングでは管理栄養士が常駐しており(9:30~18:00)、商品の問い合わせ以外にも食生活のことを気軽に相談できるサービスがあるので心強いですね。

価格はコースによって異なりますが、糖質制限気配り宅配食を定期購入の場合、7食¥4500(1食あたり¥642)・14食¥8800(1食あたり¥628)・21食¥13000(1食あたり¥619)で購入できます。

ウェルネスダイニングは、糖質制限気配り食があり栄養士に相談できるサービスがあるので、糖質もカロリーも制限したい、管理栄養士と相談しながら食事改善していきたいという人におすすめです。

1食あたりの平均栄養素

  • カロリー216~262kcal 白米(150g)252kcal
  • 糖質15g以下
  • 塩分2.0g以下

 

5位:メニューが豊富なつるかめキッチン

  • 糖質気遣いコースがある
  • 定期購入でずっと28%OFF、送料無料

つるかめキッチンは、糖質15g以下、カロリー240kcalの糖質気遣い御膳があるのが特徴です。

糖質気遣い御膳以外にも、塩分・たんぱく質&塩分・カロリー気遣い御膳、つるかめバランス栄養御膳、つるかめやわらか御膳と種類豊富なコースが揃っています。

価格は、定期購入だと28%OFFの¥4800(1食あたり¥686)・14食¥9100(1食あたり¥650)・21食¥(1食あたり¥633)で購入できて送料も無料!

この定期コースはいつでも解約できるので、安心して購入できますね。

つるかめキッチンは、糖質制限中の人、カロリーも抑えたい人におすすめです。

1食あたりの平均栄養素

  • 216~262kcal
  • 糖質15g以下
  • 塩分2.0g以下

 

6位:糖質制限食コースあり|まごころケア食

まごころケア食

  • 塩分、カロリーも抑えた糖質制限食コースがある
  • Amazon、楽天からも注文可能

まごころケア食は、塩分2.0g以下、カロリー216~262kcal、糖質15g以下に抑えた糖質制限食があるのが特徴です。

また、Amazonや楽天などのネットショップでも購入が可能となっているので、ポイントが貯められたり送料無料で購入できるのがうれしいですね。

価格は、コースによって異なりますが、7食¥4160(1食あたり¥594)・14食¥6880(1食あたり¥491)・21食¥9880(1食あたり¥470)で購入できます。

まごころケア食は、ネットショップで購入でき、ダイエットするうえで抑えたい成分を控えたメニューが豊富なので、ポイントを貯めたい人、カロリー以外の成分も気になる人におすすめです。

1食あたりの平均栄養素

  • 216~262kcal 白米(150g)252kcal
  • 糖質15g以下
  • 塩分2.0g以下

 

7位:管理栄養士がPFCバランスを考慮|食のそよ風

食のそよ風

 

  • 三大栄養素であるPFC(たんぱく質・脂質・炭水化物)バランスを重視したメニュー
  • 1食あたり395円と他の冷凍弁当とくらべても続けやすい価格

食のそよ風は、PFC(たんぱく質・脂質・炭水化物)バランスを重視し、管理栄養士がメニューを監修しているのが特徴です。

価格は、10食セット¥3950(1食あたり¥395)と手ごろな価格で購入できるので経済的にも続けやすいのも嬉しいポイント。

「PFCバランス」とは、厚生労働省が提示している三大栄養素の理想となる量で、このたんぱく質・脂質・炭水化物の3つの栄養をバランスよくとることで健康的にダイエットできます。

日本人の栄養所要量は2004年以降、「日本人の食事摂取基準」として名称を変えて公表されており、5年ごとに改定されている。児玉[6]や樋口[7]は、理想的PFC摂取比率の設定にあたって、第2次改定日本人の栄養所要量に基づいて農林水産省が試算したP(12-13%)、F(20-30%)、C(57-68%)という範囲を参照し、それぞれ中央値を用いてP:F:C=1:2:5と設定している。

引用:日本人の栄養素摂取バランスに関する時系列分析

食のそよ風は健康的にダイエットでき手ごろな価格で購入できるので、栄養バランスを考えて減量したい人、長期で続けていきたい人におすすめです。

1食あたりの平均栄養素

  • 201kcal
  • 脂質11.6g
  • たんぱく質12.6g
  • 炭水化物11.5g
  • 塩分1.7g

 

【まとめ】ダイエットやカロリー制限に特化したヘルシー冷凍弁当ランキング

温めるだけですぐに食べられて、カロリーや糖質制限が簡単にできる冷凍弁当の魅力が伝わったでしょうか?

ダイエットは続けることが重要になってきます。

過度な食事制限はストレスをためることになり、暴飲暴食を招く原因になるので、しっかり食事をとりながら減量できる冷凍弁当はダイエットの味方になるでしょう。

最後にダイエット成功のためのプチ知識☆

こまめに水をたくさん飲みましょう!

ダイエットをするときは、水を1日1.5~2リットルこまめに飲むといいといわれています。

水を飲むことで代謝アップ、むくみ解消、食欲を抑える効果があり、痩せやすい体づくりのサポートをしてくれるのです。

水を飲むだけなら、辛くなく簡単ですよね!

ぜひ、食事制限と一緒に試してみてください。

    • この記事を書いた人
    • 最新記事
    アバター

    ai nishiyama

    当サイトを訪問して頂きありがとうございます。 西山あいです。33歳主婦で2人の子供がいます。 妊娠がきっかけで冷凍弁当に出会い、ドハマりして合計800食以上食べてしまい、好きすぎてサイトまで立ち上げてしまいました。 冷凍弁当って聞くと介護食や病院食のイメージがあり、薄味であまりおいしくないイメージがありますが、最新の冷凍弁当はオシャレで美味しいって知っていましたか? このサイトでは、800食以上食べたから分かる冷凍弁当の選び方や特徴など本気レビューしています。 みなさんの自分に合った宅配冷凍弁当サービスを探すのに少しでも役に立てると嬉しいです。

    -冷凍弁当の口コミと特徴

    © 2020 宅配冷凍弁当サービス比較ランキングの冷凍弁当.jp